一人暮らし ベッド

MENU

一人暮らしの生活。引っ越し先で使用したいソファベッド

一人暮らしの生活とはいえ、やはり寛げるベッドやソファは欲しいものです。
ついつい大塚家具なんて高級家具屋さんに行きシモンズのマットレスの寝心地に惹かれ衝動買い!
なんてことも独身貴族には許されるのかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

ベッドやソファを購入する前に、考えなければならないのは部屋の大きさ。

 

一人暮らしで引っ越しをする部屋が6畳ほどのワンルームの場合、
1DKは全体でも20メートルから25メートルの部屋が一般的だといわれています。

 

ソファもベッドも両方ほしいと考える人もいますが、2つとも入れることは難しいと考えられます。

 

シモンズのマットレスなんてかさばる物はとても置くスペースがありません。

 

引越し前の内見時、家具を何も置いていない部屋は広く見えるかもしれません。
ところがここに家具や物を置いていくと圧迫感が出ます。

 

あれ?この部屋こんな狭かったっけ?
なんて気持ちを味わったことが誰しも一度はあるでしょう。

 

というわけで一人暮らしのワンルーム生活でおすすめのベッドはソファベッドです。
ご存知のとおり、ソファ、ベッドの二役を兼ねることができるものですね。

 

ソファベッドには背もたれを倒すタイプ、そして引き出すタイプがあります。

 

布団と同じでソファとして使用するのであれば上げ下ろししなければ
なりません。

 

ソファベッドはお客さまが来たときの補助としての寝具として作られているものが多くなっていることもまた事実。
毎日使うのには途中で大変に感じてしまうかもしれません。

 

また、寝汗や体重の負荷からマットレスが傷みやすくなってしまいます。
つぎめもありますし、マットレスの質が落ちやすいということもあり、寝心地などを見てもベッドよりは劣ることがあるのです。

 

座り心地、寝心地を求めているのであればおすすめなものではないと言われていますが、
そうではないということならば便利なアイテムとして利用できるはずです。

 

ソファベッドを購入する時にはお店で実際座ってみたり寝たりするなどしてから決めることが大切です。
安いものを短いスパンで買い換えていくというスタイルも良いでしょう。

 

私には2年スパンで引っ越しを繰り返していた時代がありますが、その頃はまさにこのスタイルで半分使い捨て感覚でしたね。
引っ越し先で気分一新、新しいソファベッドと暮らし始める!みたいな。

 

マットレスのよさは、値段に比例していますが、ソファベッドそのものは耐久性が低いという悩ましい問題。
十分に検討する必要がありますね。