単身 引っ越し 挨拶

MENU

一人暮らしの引っ越しの時に挨拶をしない傾向がある

一人暮らしを始めるにあたり、また一人暮らしのアパートから転居する場合に「ご近所への挨拶はするべきなのかどうか」という疑問を抱きます。

 

最近では都会を中心としてご近所づきあいが減っていることから、挨拶はしないという傾向にあるようです。

 

一人暮らしではご近所づきあいをするということがなく、生活の時間がずれてしまうと何年暮していたとしても顔を合わせることすらないということも珍しくはありません。

 

特に女性の場合、最初に挨拶をすることで「女性が一人暮らしを始めたようだ」ということが知られてしまうことから挨拶はしないことが多くなっているのです。

 

ストーカー被害が年々増えてきているこのご時世、自分の身は自分で守らなければいけませんからね。
女性がおいそれと一人暮らしを始めたことを近所に行って回るだけでリスクになってしまうということです。

 

ちなみに一般的な話をしておくと、引っ越しの時にはマンションやアパートならば上下階、そして両隣の4部屋に挨拶をすることがマナーであるとされています。

 

ひと言挨拶をしておくことで、ご近所にどのような人が住んでいるのかということを知ることができますし、安心できる部分もあります。

 

安いもので構いませんので、ちょっとした引っ越しのご挨拶の品を用意して行くとその後の心象がずいぶんと違ってくるかもしれません。
ちょっとおしゃれだけど数百円で買えるような生活雑貨を挨拶の品にする人も多いようですし、無難に菓子折りなどにしておくか。

 

「仕事で夜遅くに帰ってくるために夜中に音が響いてしまうかもしれない」などといったことをひと言伝えておくだけでもトラブルを回避することが
できるものです。

 

それだけではなく普段から親しく近所付き合いをしていることで、「隣から普段は聞こえないはずの音がする」や「何日も隣人の姿が見えない。何かあったのではないか」など、様子を気にしてくれるということがあります。

 

ところが現代社会ではお互いに付き合いを深めることに対して抵抗を感じる人が多くいるようで、どのような人が住んでいるかということが知られると犯罪に巻き込まれる可能性があるということも考えられます。

 

せめて隣近所の人にだけは自分の素性を明らかにして挨拶をしておくというのが最低限のマナーではないでしょうか。