引っ越し 二重家賃

MENU

引っ越しの際に二重家賃が起こりうるケースについて

どこかへ引っ越しすることが決まった場合に、可能性としてあるのが二重家賃の問題です。

 

どういうときに起こるかというと、まず引っ越しの時期と今の賃貸契約の更新時期がずれてしまっていたりすると、余計な家賃を払わないといけなくなるケースもあります。

 

そうならないためにも、引っ越しすることが決まったら、すぐに大屋さんや不動産会社に伝え、退去の手続きを早めにしておいたほうがよいでしょう。
契約書も見直しておくようにしましょう。

 

また引っ越し先がたとえば新築の賃貸物件であった場合、早く契約をしないとほかの誰かに取られてしまうというときにも、実際にはまだ住まなくても契約をし、二重家賃となるケースがあります。

 

新築の賃貸物件は人気もあるので、物件と家賃との兼ね合いではそういうことも仕方ないと思いますが、早めに引っ越したほうが無難です。
他にも、賃貸から新築の一戸建てやマンションを購入した場合、引っ越しの日程の兼ね合いや、引き渡し日の兼ね合いで、一時的に二重家賃になってしまうこともありえます。

 

二重家賃はかなりもったいない気もしますが、一時的なことですし、落ち着いて次の家に移り住むためにも必要かもしれません。
日程を緻密に調整することが一番の理想です。

 

引っ越しで発生しやすい二重家賃を避ける方法

二重家賃とは?

二重家賃とはその名の通り、引っ越しの際の旧住居と新住居の家賃をどちらも払ってしまう、つまり二重で払ってしまうことを言います。
家賃とは毎月の出費の中で決して小さい金額ではないので、二重では払いたくありません。
一方で、引っ越しをかなり円滑に進めておかないと、二重家賃の支払いは非常に発生しやすいのが現実です。

 

引っ越しで二重家賃が発生しやすい理由と回避する方法

賃貸をした時によく契約条項に記載があるのが、「賃貸の解約をする場合は一ヶ月前に申し出ること」ということです。
これは、引っ越しを申し出てから一ヶ月以内の家賃は払ってもらう、という意味があります。

 

例えば、引っ越しをする一週間前に解約の申し出をすると、その月の家賃のみでなく、次の月の家賃も払う必要が出てくる可能性が高いのです。
そのため余裕を持って解約の申し込みをするのは勿論のことですが、契約条項をよく確認することが重要です。

 

まずは、契約条項を読み、解約期間と家賃支払いの関係を確認し、それから逆引きして引っ越しをいつにするか、決める必要があります。

 

しかし、引っ越しをいつにするか決めることが出来ても、その通りに新住居が決めることが出来ない場合は多々あり、まったく余裕のないスケジュールを組んでいると、引っ越しのタイミングがうまくいかず、結局二重払いになってしまうことがあるので、余裕をもったスケジュールを検討して、円滑に引っ越しを進めましょう。