引っ越し 注意点

MENU

初めての引っ越しを失敗しないための3つの注意点。

初めての引っ越し、それも一人暮らしで不安を抱えている方、業者に頼まずとも上手く引っ越しを完了するために大事なこと3点を紹介しましょう。

 

1.当日の人手の確保
親、兄弟、友人のアポイントはできるだけ取っておきましょう。
家具の設置、掃除等、おそらく一人では大変です。
その際、手伝ってくれた人には食事代を出す等、心遣いをお忘れなく。

 

2.日中のスケジュール管理
意外と大事!業者に頼まない引っ越しは、思いのほか時間がかかってしまうことがあります。家具の積み込み、配置にかかる時間は必ず割り出し、当日のスケジューリングをしておきましょう。
電気が通っていない新居では、日が沈むと搬入が困難です。
日が短い季節の引っ越しは特に要注意。

 

3.その後のライフラインの確認等
特に入学や就職で初めて引越しされる方は要確認です。
水道局、電力会社、ガス会社、NHK。
少し面倒ですが、1日も早く引っ越し前の当たり前を実現するために、手続きを済ませておきましょう。

 

引越しでの注意点と書類の確認すべきポイント

引越しをした実体験でただ業者に任せるだけではなく、注意すべきポイントをいくつかまとめさせていただきます。

 

引越しをした際にまず気を付けなければいけないのが見積もりです。
大手の業者などは実際に来てみてくれるところもありますが、小さな会社だと口頭で荷量を伝え、料金の概算が出されます。
ここで気をつけなくてはいけないのが、倉庫にしているようなほとんど開けない収納に入っている荷物の量や、自転車や子供のベビーカーなどつい忘れてしまいがちな品々です。
これを忘れてしまうと概算は安くなりますが実際に積み込めないという大事件につながります。

 

直接部屋を見られることに抵抗がある人は口頭で正確な概算を出すために自分でメモにまとめる必要があります。

 

また、概算が出ると契約の確認のために引越し業者から確認の書類が送られてきます。
小さい会社だとこういった書類がない場合もあり、荷物が多ければ多いほどトラブルになる原因となるので、心配や引っ越し先が新築で汚されたくない、安心できる業者に任せたいという方はこういったポイントも視野に入れて引越し業者を決定することがポイントになります。

 

書類が届いたら自分が伝えた荷物の量に間違いがないか確認するのはもちろんのこと、アフターケアや傷や保証についてもしっかり確認する必要があります。
それが引越しで失敗しないポイントだと考えます。