引っ越し 書類

MENU

引っ越しに必要な書類にはどのような書類があるのか

引っ越しをする際はただ引っ越しして終わりではなく、色々な書類が必要になります。これからどのような書類が必要なのかを説明したいと思います。

 

引っ越しに必要な書類には引っ越し前だと主に転出届、国民保険の住所変更届、小・中学生の子供がいる場合は転校手続き、乳児医療費助成や児童手当などの福祉関連、郵便局があります。

 

転出届と国民保険の住所変更届は転居の14日前から手続き可能なので、早めにしておいた方が良いと思います。

 

あと郵便局の書類の手続きは意外と忘れてしまいがちなので、忘れないようにする事が大切です。
引っ越し後だと主に転入届、国民年金、住民票、印鑑登録、運転免許証、車庫証明が必要になります。

 

転入届、住民票は引っ越し前と同じような感じで転入・転居後14日以内に提出・届出しないといけないので注意が必要です。

 

また、転入届の届出の際は転出証明書、届け人の印鑑、国民年金手帳、母子健康手帳などが必要になるので、忘れないようにしないといけません。

 

さらに運転免許証の住所のみを変更する時は、住民票・公共料金の領収書・請求書などのどれか一つが必要なので準備しておかないといけません。
これらの書類を忘れないようにしないといけません。

 

引っ越しする時に市役所で手続きをする書類について

引っ越しをする時に市役所でどんな書類の手続きをすれば良いのでしょうか。
住民票関係で最低限忘れてはいけないポイントを確認します。

 

まず一番大切なのが住所の異動です。
住民票関係の届け出を済ませないと、すべての手続きができません。ここで気を付けねばならないのは、同じ市内で引っ越しをするか、市外へ引っ越しをするかによって方法が多少異なることです。

 

市外へ引っ越しときには、事前に転出届を今まで住んでいた市役所からもらう必要があります。
それを持って、引っ越し先の市役所に行かないと、転入の手続きをすることができません。

 

特に遠方に引っ越しをすることになると、面倒なことにもなりますので、忘れないようにしましょう。
市内での引っ越しの場合には、引っ越しが済んだ後に住民票の窓口に行けば手続きができます。

 

また、最近はマイナンバー制度がはじまったことにより、住所の異動の手続きにもマインバーが必要となります。
マイナンバー通知カードの場合には、それとは別に身分証明書などの本人確認書類も必要となります。

 

写真つきのマインバーカードであれば、カード1枚で済みます。

 

いずれにしても住民票の異動が済んだら住民票を何通かもらっておくことをおすすめします。その後の手続きで、必要書類に住民票が必要となる場合もあるからです。