引っ越し 荷造り 梱包

MENU

コンビニなどのお店ではなく運送業者のダンボールを活用

引っ越しでは、必ず荷物を移動することになります。
どんなに一人暮らしで少ない荷物だったとしても、体一つで引っ越しをする方はいないでしょう。

 

そこで、荷造りのポイントをいくつか挙げたいと思います。

 

まずは、よいダンボールを選ぶ方ことです。

 

コンビニやスーパーなど、近所のお店からもらったりするかもしれませんが、やはり引っ越し業者が提供してくれるようなダンボールの方がいいでしょう。

 

ダンボール箱の丈夫さも当然ながら、サイズも統一されているので、輸送時に楽になります。

 

引っ越し業者に運搬などをお願いする場合であれば、基本的に無料で提供してもらえる場合が多いので、しっかりと活用しましょう。

 

次に重要なことは時間です。
余裕を持って梱包作業を行う必要があります。

 

引っ越し当日まで何週間あるからと余裕を持っていると、仕事や学校などで荷造りの作業にかけられる時間が、結局休みの数日しか取れないということも考えられます。

 

直前で慌てることになってしまうので、普段使わない物から少しずつ荷造りを始めていきましょう。

 

早めに行うことで、不用品の処理などの対応もできます。
リサイクルショップやネットオークションで売ったり、粗大ごみとして出さなければならない場合なども時間に余裕があればこそできることです。

 

週に1度や月に1度しか出せないごみなどもありますから、リストなどを作成しながらスケジュールを立てて進めていきましょう。

 

箱には中身の詳細を記入して分かるようにしておく

ほかにも荷造りのポイントとして、ダンボール箱に中身の詳細を記入しておいた方がいいです。

 

これは、ガムテープなどで梱包してしまったら、中身が何か分からなくなってしまうからです。
すぐに必要なものなどが分からなければ、新しい部屋ですべての箱を開けて確認しなければなりません。

 

そのため、すぐに必要になるものや、それぞれのジャンルごとに分けて荷造りをしていきましょう。

 

キッチン用品、清掃道具、衣類、本など、しっかりと分けておけば、荷解きの作業で迷うこともありません。

 

また、業者に依頼するときは、運んでほしい部屋なども記載しておくといいでしょう。
一人暮らしであればそれほど困りませんが、何部屋もある場合はたとえ中身を記入していても、再び移動しなければなりません。

 

時間のかかる荷造りの作業は少しずつ行い、当日のことを考えながら効率よく引っ越しをしましょう。