単身 引っ越し 見積もり

MENU

一人暮らしの引っ越し見積もりは何日前に依頼したらよい?

引越し先の物件が決まれると、本格的に引越し業者を探すことが始まります。

 

「何日前、何週間前、もしくは何か月前に見積もりをしてもらうのがよいのか」と考えますが、引越し業者に見積もりをしてもらう時、荷造りの目処が立ってから見積もりを依頼していては遅い状態です。

 

見積もりの依頼については引越し予定日より逆算をして最低でも1か月前に行うことがベストです。

 

引っ越し業者に依頼する場合、当然ですが繁忙期と土日は値段が高くなる傾向があります。
2,3月と土日を避けた日程で予定を組み見積もり依頼をしてみるだけで驚くほど安い料金を引き出せる可能性が高くなります。

 

スケジュールに話を戻します。
比較的予定が空いている閑散時期であれば2週間前くらいの見積もり依頼であっても間に合うことがありますが、なるべく余裕を持つに越したことはありません。

 

早めに見積もりを取るということは、業者の選択肢が広がりますし交渉の余地も残されているということですから、安い料金で引越しができる可能性が高くなるということです。

 

直前になって慌ててしまい「希望したい日に予約がとれない」と諦めてしまうよりも、余裕をしっかり持って複数の業者に見積もりを比較したり考えたほうが引越し料金を少しでも抑えることができるようになります。

 

そして、見積もりは一括依頼サイトから申し込んで一発で終わらせるようにします。
これはもう何度も何度も書いていることですが、1社、1社と見積もりを依頼をしていくのは時間が必要になりますし、荷物の量、引越しの予定、希望しているプランなどについて何度も説明しなければならなくなってしまいますので、少しでも楽できるよう便利なものはとことん使い倒しましょう。

 

それから引越し業者によっては早期割引という割引サービスがあるところもあります。
このサービスはアリさんマークの引越社やサカイ引越センター、そしてクロネコヤマトなどといった大手をはじめとして多くの引越し業者が取り扱っている特典です。

 

早く申し込むだけで料金が安くなるならこんな良い話はありません。
引っ越しが決まったらすぐに見積もり依頼をしておくこと!
そこから先は向こうの営業が上手に進めてくれますのでご安心を。

 

ただ、見積もり段階では財布の紐はキュッと締めておいてくださいね。