引っ越し ゆうパック

MENU

ゆうパックを超えた?単身引っ越しプランの価格破壊進行中

近年は家具家電付物件も増加傾向にあるため、単身者の引っ越しも家電などの運搬が必要ないというケースが増加しています。
ワンルームマンションであれば、平均段ボール10箱ほどあれば荷物の輸送ができる場合が多く、段ボールのみの引っ越し方法の選択肢も広がっているのです。

 

ワンボックスカーなど車を持っているのであれば、自分で輸送できるので、一番手軽で安く済ませる方法になるでしょう。

 

また、単身引っ越し程度の分量であれば、ゆうパックで合計数万円程度で送れてしまうので、宅配便を使うというのも一つの方法です。

 

ただ、これらの場合は自分自身で荷造りをすることになるので、体力勝負になってきます。
衣服などの軽いものだけであればいいですが、机や椅子などがあれば、場合によっては解体組み立てをして運ばなければなりません。

 

車がない場合には、1日だけレンタカーを借りて引っ越しをするという方法もあります。
しかし、レンタカーの場合は安いものであれば軽自動車がほとんどですし、車を傷つける危険性もあるのであまりおすすめできません。

 

遠方の引っ越しともなれば、車の返却や乗り捨てなどの費用もかかるので、なおさらおすすめできないです。

 

最近の単身引っ越しプランは、段ボールのみの引っ越しにもしっかり対応しており、平均的には段ボール10個までの手軽なプランから、テレビや机程度の荷物と15箱の段ボールを輸送するプラン、冷蔵庫や洗濯機などに加えて段ボールも20個まで運送してくれるプランなど、その人のライフスタイルに合わせた引っ越しが可能になっています。

 

費用も平均相場2万円からとなってきており、先述したレンタカーを借りたり、引っ越し先で荷物を待たなくてはいけない宅急便よりも、効率よくお得に引っ越しができるでしょう。

 

さらに、業者によっては専用の段ボールなどを無料でプレゼントしてくれる場合もありますので、契約前に確認をしてみるといいでしょう。
そのほかにも、オプションサービスなどもが充実していたりするので、トータル的に見てもお得になるかもしれません。

 

自力での引っ越しより多少の費用をプラスするくらいであれば、体力的にも楽をしながら余裕を持って引っ越しができるので、効率よく作業をする意味でもこのような単身パックを利用することをおすすめします。